« 今日のいとおかしは… 『ほめる』 | トップページ | 今日のいとおかしは… 『出張』 »

2006年1月22日 (日)

今日のいとおかしは… 『選択』

パンチョ伊東って、知ってます? メジャーリーグに精通し、プロ野球ニュースのコメンテーターや独特な髪型で有名な人です。 もう亡くなられましたが、実はこの人、パ・リーグの広報部長で、ドラフト会議の司会を長年務め、甲高い声と名調子が印象的でした。 ドラフト会議は正式名称を新人選手選択会議といい、毎年筋書きのないドラマが繰り広げられます。

去年のドラフト会議でもコミッショナー事務局の確認・徹底不足で、意中の球団に抽選で外れた選手が一転、実は意中の球団が交渉権を得ていたり、抽選で意中の球団が交渉権を得たと思っていたら、実は別の球団が交渉権を得ていたり、といった信じられない事態が起きてしまいました。 後のパターンの選手の落ち込みようといったら、周囲の人が声も掛けられない雰囲気で、記者会見でも精一杯声を振り絞ってポツリポツリ話していましたが、涙を必死で堪えている姿はもう見ている方がつらかったです。 自分がどう頑張っても、どうにもならないことってあります。ドラフト会議の件などは、その一例です。 でもよく考えると、これまでの人生、ほとんどが自分自身の選択で生きてきたような気がします。選択というと大げさかもしれませんが、普段の生活も結構、選択の連続です。 小さいことだと、真っすぐ行くか曲がるか、食事は定食屋かファミレスか、ここで思っていることを言うかそれとも言わないか、とか。 大きいことで言えば、どっちの車を買うか、どの会社に就職するか、この人とお付き合いした方がいいか、などなど。 選択する場面って、結構あったりしませんか? 経験って言葉がありますが、これって選択した結果の積み重ねだと思うんですよ。 例えば、受験勉強をもっと頑張っておけば良かったな〜と思ったとき、あのときテレビを見たり、友達と遊んだ時間の全部とは言わないまでも、少しだけでもその時間を勉強に回しておけば良かった、と考えたとします。 もし今後同じような状況になったとしたら、楽しい部分は少し我慢して、仕事や今やるべきことに時間を割く、といった選択ができる訳です。 ただ、二十歳前後のいちばんギラギラしていた頃、寝る間も惜しんでバカ騒ぎした友人と今でも付き合いがあり、その話で盛り上がれるとしたら、それも悪くないな〜、とも思うんです。 もちろん絶対にしてはいけない選択もありますよね、犯罪とか。そう分かっていてもやってしまうのが人間なんですけどね。 でも、どちらか一方だけが正解、という選択はあまりないと思うんですよ。 たまたま選択したことが、いい方にも悪い方にも転がる。 いい方に転がれば、ラッキー!!! ………でも、たぶんそれで終わり。その場はいいけど、いつもいつもラッキーは続かない。 悪い方に転がれば、その場はしんどかったり傷ついたりしたとしても、その経験が後々自分の為に役立つステップになれば、それもまた良し。経験を生かして、同じ失敗をしないように考えてから選択するようになる。 偶然入った店で待っているのは、劇的な再会?それとも事件? どっちに転ぶかは、誰にもわからない。 だから、人生はおもしろい。 ランキング
あなたのひと押し、チカラをください!!!

|

« 今日のいとおかしは… 『ほめる』 | トップページ | 今日のいとおかしは… 『出張』 »

コメント

 
 そう考えると、ドラフトってのは、かなり封建的な制度ですね。古いっつうか、なんて言うか。
 
 

投稿: ある契約社員 | 2006年1月22日 (日) 23時22分

パンチョ伊東って、あのカツ○の人ですよね(笑)
自分は今、選択の場面に直面してます。
安定した生活を取るか、不安定であるが夢を掴む生活を取るか?
慎重に答えを出したいと思ってます(悩)
しかも今は、渦中の有名人に巻き込まれてますからね(汗)
ある意味、自分はやはりこの世界で生きて行く人間じゃないかと強く思い始めてます。

投稿: オクトパス | 2006年1月22日 (日) 23時41分

ある契約社員さん、こんばんは!

野球界も、ここ何年かでフランチャイズ制度が
浸透してきて、地域密着型の『おらが球団』が
増えてきています。

今の小中高生達が『自分も行きたい』と思える
地域に根差したチーム作りを進めていければ、
ドラフト制度の変わる日が来るかもしれませんね。

投稿: 哲楽(てつがく) | 2006年1月23日 (月) 00時57分

オクトパスさん、こんばんは!

そうそう、人工的な髪型の人です。
いやいや、その話は置いといて。

自分の人生だから、思った通りに進めばいい。
でも、一人ではないので話し合いは大切に。

軽はずみなことは言えないが、勢いがある今は
行くべきかもしれない。
人生にそういう機会はそうはない、とは思ってます。

親友だからこそ、聞こえのいいことばかりでは
ない、耳障りなこともいいますが、決まったら
応援します

投稿: 哲楽(てつがく) | 2006年1月23日 (月) 01時14分

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日のいとおかしは… 『ほめる』 | トップページ | 今日のいとおかしは… 『出張』 »