« 今日のいとおかしは 『 夏模様 その2 』 | トップページ | 今日のいとおかしは 『 夏模様 あとがき 』 »

2006年6月 9日 (金)

今日のいとおかしは 『 夏模様 その3 』

【人気blogランキングへ】 
↑ ただいま89位、応援(クリック)よろしくお願いします!

今でこそ避暑地として人気のあるこの場所も、子供の頃はまだ
地元の人達しかいなくて、会う人会う人みんなが知り合いだった。

陽が西に大きく傾きだした頃、どこからともなく表に人が出てくる。
あちらこちらから挨拶の声と、打ち水のバシャッという音が響く。

月明かりが輝く群青色の空にパーン、パパーンと花火の音が
こだまして、夏祭りの始まりを告げる。

花火のパーンという音がまるで運動会のピストルの音みたいに、
弟と一緒に祖父母の腕を引っ張って、明かりの方へと急ぐ。
この日のために買ってもらった浴衣を着て、小銭の入った財布を
ぎゅっと握りしめて。

露店が軒を連ねて、そこらじゅうから威勢のいい声が飛び交う。
金魚すくい、的当て、型抜き、くじ、お面、わたがし、りんご飴、
焼そば、たいやき、ベビーカステラ、いか焼 … なんでもある。

いつものお気に入りは、かき氷とヨーヨー風船だった。

かき氷はきまってブルーハワイという、ラムネのような味のもの。
イチゴやレモンのシロップは売ってあったが、ブルーハワイは
露店でしか食べられない、貴重な味だった。
弟と信じられないぐらいに青く染まったお互いの舌を見せ合うと、
おかしくておかしくて仕方がなかった。

ヨーヨー風船についているゴムの輪っかを中指に通し、手の平で
はじきながらリズムを取る。
どちらが早くできるか、また弟と競争がはじまる。

露店の灯りが一つ消え、二つ消え、祭りの終わりが近づいてくる。
帰りは、祖父母に腕を引っ張られながら家路に着いた。

帰ってきても身体はまだ火照っていて、興奮が冷めやらない。
親に促されて布団に入っても、弟と祭りの話で盛り上がった。
親にバレないように、布団にもぐりながらコソコソ話した。
でも、思わず笑ってしまうと、その声を聞いた親が怒ってくる。
そんな事を繰り返していると、いつのまにか眠りについていた。

気が付くと包丁とまな板が奏でるリズミカルな音が聞こえてきた。
この音が聞こえたということはもう朝で、今日は帰る日である。

まだ朝も6時だというのに、祖母は台所に立ち、祖父は居間に
どっかと腰を下ろして、新聞に目を通している。

挨拶をして、洗面所で顔を洗って戻ってくるともう、朝ご飯の
仕度が出来ていて、炊き立てのご飯とお味噌汁から出ている
湯気が、部屋中に立ち込めていた。

この食事が終わったら、もう帰らないといけない。
そう思うと、なかなか箸が進まなかった。
祖父母が振りまいてくれる笑顔にも、うつむき加減だった。

車のエンジン音と名前を呼ぶ親の声が聞こえると、もう帰る時間。
祖父母の袖を強く握って、いつまでも離そうとはしなかった。

後部座席に乗り込むと、クラクションの合図で、車が動き出す。
家の前から長く続く直線を走る間、祖父母は手を振ってくれた。

姿がみるみる小さくなって、車が角を曲がって見えなくなるまで
いつまでも手を振り続けてくれた。

角を曲がって姿が見えなくなると、みるみる涙が溢れてきた。
そしてまた次の夏が早く来るように、普段お願いしたこともない
神様にお願いしてみた。

( 終 )

|

« 今日のいとおかしは 『 夏模様 その2 』 | トップページ | 今日のいとおかしは 『 夏模様 あとがき 』 »

コメント

おじいちゃん、おばあちゃんの家から帰る時は何だか寂しくなりました。
近いから車を走らせてもらえば来られるんだけど…
今は実家に戻って、こっちに戻る時は、ふっ。と寂しくなります。
家族で一緒に住んでいられる時間て、多くはないですものね。

投稿: あず | 2006年6月 9日 (金) 20時43分

あずさん、こんばんは。

祖父母の家から帰る時は、後ろ髪引かれる
思いでしたが、今考えると送り出す祖父母の
気持ちもなんとなくわかります。

私も、今は実家から帰る時は同じような
気持ちになります。
送り出す親の気持ちを考えてもいい年頃に
いつの間にかなっていました。

投稿: 哲楽(てつがく) | 2006年6月 9日 (金) 21時09分

先週は地元のお祭りだったけど、行きませんでした。
年取ったんですねーー(笑)

今日は、銀座で風鈴売りのおじさん見ました。
いいですね。

投稿: tomomi | 2006年6月11日 (日) 02時14分

tomomiさん、おはようございます。

お祭りって、いくつになってもワクワクします。
活気があって、露店も所狭しと並んでいるので、
ついつい足が向いちゃうんですよね。
子供の頃からあまり成長していないのかな?!

風鈴のチリンチリンという音色には癒されますね。
特に暑さの厳しい時、一服の清涼剤になります。
今年は窓のところにつけてみようかな~、風鈴。

投稿: 哲楽(てつがく) | 2006年6月11日 (日) 09時33分

花火や祭りは今からがシーズンですよね。
毎年、必ず花火大会には、いもたきします。
しかし、安全性への配慮か、年々発射位置が遠ざかって行くので、迫力が無くなってきました。
7年前までは、頭の上に火の粉が落ちてきてましたからね(笑)
少し残念ですよ。

投稿: オクトパス | 2006年6月11日 (日) 23時43分

オクトパスさん、おはようございます。

いもたき、懐かしいですね~。
河川敷でやるので、川の水と河原の石のせいか
普段より少し涼しく感じて、いもたきもおいしく
食べられたような気がします。

私が見に行ったときも、花火の火の粉が落ちてきて、
熱さに驚いたのを思い出しました。
今年ももうすぐシーズンですね。

投稿: 哲楽(てつがく) | 2006年6月12日 (月) 07時17分

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日のいとおかしは 『 夏模様 その2 』 | トップページ | 今日のいとおかしは 『 夏模様 あとがき 』 »