« 2006年11月 | トップページ

2006年12月 4日 (月)

微笑がえし

いろいろあって、ブログをやめることにしました。
ココログでは。

ブログに遊びに来ていただいた方、ありがとうございます。
何のおかまいもできませんで…。

さらにコメントをいただいた方、本当にうれしかったな~。
時々折れそうになる心の支えにさせてもらってました。

今後は、これまでよりさらにぼちぼちな感じでやっていきます。

ブログのアドレスを貼っておきますので、遊びに来てくださいね!
お待ちしています。

それでは!

http://tetsugaku.blog68.fc2.com

| | コメント (0)

2006年12月 1日 (金)

決戦!関ヶ原 (三) ~ 北政所 VS 淀君 ~

【人気blogランキングへ】
↑ ただいま143位、応援(クリック)よろしくお願いします!

君はアレか、津本陽か?

今日の対決がいちばん書きたかったのかも知れません。
本当の関ヶ原の合戦は、この二人の戦いだったと思います。

北政所と淀君は対照的なんですね~、ある意味。

北政所は秀吉が天下を取っても、軒先で野菜を育てていた
ような、庶民派代表の肝っ玉母さん。

淀君は生まれながらのお嬢様。
それも織田信長の妹、お市がお母さんという超良血。

しかも、秀吉がお市を好きだったのを二人とも知っている。
淀君の二人のお父さん(浅井長政、柴田勝家)を滅ぼしたのが
秀吉ということも二人とも知っている。
(長政は信長の家臣として、勝家は総大将として)

そして淀君は、お市に良く似ていたらしい。
秀吉が淀君にお市をダブらせて、熱を上げてもおかしくない。

やっぱりこの二人、うまくいく訳がない。

そして、尾張生まれの北政所に、近江生まれの淀君。
家臣達も、生まれが同じ方に付くのは自然の流れである。


関ヶ原の合戦は、実は女と女のガチンコ勝負だった!

………という結論ではいかが?!

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ