2006年12月 4日 (月)

微笑がえし

いろいろあって、ブログをやめることにしました。
ココログでは。

ブログに遊びに来ていただいた方、ありがとうございます。
何のおかまいもできませんで…。

さらにコメントをいただいた方、本当にうれしかったな~。
時々折れそうになる心の支えにさせてもらってました。

今後は、これまでよりさらにぼちぼちな感じでやっていきます。

ブログのアドレスを貼っておきますので、遊びに来てくださいね!
お待ちしています。

それでは!

http://tetsugaku.blog68.fc2.com

| | コメント (0)

2006年12月 1日 (金)

決戦!関ヶ原 (三) ~ 北政所 VS 淀君 ~

【人気blogランキングへ】
↑ ただいま143位、応援(クリック)よろしくお願いします!

君はアレか、津本陽か?

今日の対決がいちばん書きたかったのかも知れません。
本当の関ヶ原の合戦は、この二人の戦いだったと思います。

北政所と淀君は対照的なんですね~、ある意味。

北政所は秀吉が天下を取っても、軒先で野菜を育てていた
ような、庶民派代表の肝っ玉母さん。

淀君は生まれながらのお嬢様。
それも織田信長の妹、お市がお母さんという超良血。

しかも、秀吉がお市を好きだったのを二人とも知っている。
淀君の二人のお父さん(浅井長政、柴田勝家)を滅ぼしたのが
秀吉ということも二人とも知っている。
(長政は信長の家臣として、勝家は総大将として)

そして淀君は、お市に良く似ていたらしい。
秀吉が淀君にお市をダブらせて、熱を上げてもおかしくない。

やっぱりこの二人、うまくいく訳がない。

そして、尾張生まれの北政所に、近江生まれの淀君。
家臣達も、生まれが同じ方に付くのは自然の流れである。


関ヶ原の合戦は、実は女と女のガチンコ勝負だった!

………という結論ではいかが?!

| | コメント (0)

2006年11月29日 (水)

決戦!関ヶ原 (二) ~ 尾張・三河 VS 近江 ~

【人気blogランキングへ】
↑ ただいま145位、応援(クリック)よろしくお願いします!

君はアレか、童門冬二か?

前回の文章が長くなりすぎた感があるので、今回はライトめで。

テレビ放映が開始されてから、約半世紀。
東京のテレビ局をキー局に、全国へ同時刻で番組が放映される。

人も物流も移動時間が格段に短くなり、しかも国内は制限なく移動
できるので、情報や流通商品の地域差はかなり少なくなった。

しかし、世は戦国時代。
人の往来もままならず、居住地を変えることさえ不可能に近い時代。

交通手段も徒歩なのでそう簡単に遠方にいけるわけでもなく、昔は
今で言う県を 『 国 』 と読んでいたほど、違う 『 国 』 というのは遠い
存在だったと思われる。

そんな戦国時代、現代より格段に高いレベルで厚い壁になっていた
のが 『 言葉 』 である。

分かりやすく言うと、名古屋弁と大阪弁の違い。
その地域に住んでいる人から見ると普通に話している言葉が、違う
『 国 』 に行くと、うまく通じなくなる。

お互いが相手の言葉を理解しよう、あるいは統一された言葉で話す
ようにしようと思えばできたのかもしれないが、生まれ育った土地に
根付いた言葉というのは、そう簡単に抜けるものではない。

今でも、同郷と分かるとなぜか親近感がわく。
話しが盛り上がってくると、方言が出てきたりして懐かしくなる。
言葉の壁が厚い戦国時代なら、その気持ちはさらに強かっただろう。

自分の想いを言葉にして相手に伝えることは、なかなか難しい。
言ったことが誤解されてしまった経験もたくさんあると思う。

日本語としてある程度統一された言語があってもそうなのだから、
昔でいう 『 外国 』 同士の会話は大変で、一旦こじれてしまうと
修復は大変だっただろうな~。

言葉のやりとりは、大切にしていかないといけませんね。



もしかして、ココログからお引っ越しするかもしれません。
何か最近調子が悪くて………。

もしそうなったら申し訳ないのですが、哲楽をお気に入りに登録して
いただいている方は、アドレスの変更をお願いします。

決定したら、ブログ上でお伝えします。

これからも、よろしくお願いします!

| | コメント (0)

2006年11月27日 (月)

決戦!関ヶ原 (一) ~ 家康 VS 三成 ~

【人気blogランキングへ】
↑ ただいま172位、応援(クリック)よろしくお願いします!

君はアレか、司馬遼太郎か?

基本的に歴史好きですが、個人的には戦国時代が好きですね~。
その中でも、関ヶ原の合戦の頃が一番興味があります。
時代の流れが早すぎて、人の心も定まらず、忠義と実利の狭間で
揺れ動く人間模様。

というわけで、これから三回は関ヶ原の合戦について、つらつらと
書かせていただきたく存じます。

最初に断っておきますが、あくまで私の印象であり、史実に忠実な
内容かどうかは保証しませんので、悪しからず!


第一回目は、家康 VS 三成!


学校のクラスで思い出すと、こんな二人いたよな~。

クラスの中心人物で、いつもグループの中心にいるタイプ。
明るくて優しいので、女性からのウケもいい。
一方で、グループ以外にも愛想は良いけど、意見が食い違ったり、
気に入らないことがあったりすると、仲間外れにしてしまうような
冷たい一面も持っている。

もう一人は、理屈は合ってるのに、表現方法が下手で誤解されて
しまうタイプ。
『 先生、佐藤君が学校に持ってきてはいけないものを持ってきて
います! 』 とクラスメイトの前で言っちゃうものだから、全然悪気は
なく正義感で言っているのに、敬遠されてしまう。

性格で言うと、家康は明るく振舞っていても実は根に持つタイプで、
三成は几帳面で融通が利かないタイプ。
普通にいても、この二人はウマが合わなさそうだよな~。

家康は、実は三成を成敗できる機会があった。
にもかかわらず放免、逃がしてしまったのである。
その心は………。

大義名分である。
普通に成敗したのでは、敵対勢力を勢いづかせてしまう。
先に三成を始めとする敵対勢力に手を上げさせて、やむなく成敗
したという形を取れば、民衆もある程度の理解を示してくれ、しかも
敵対勢力を徹底的に叩き潰せる。
そうすれば秀吉亡き後、自分に逆らうものは、もういない。
少なくとも、家康はそのぐらいのストーリーを想定していたと思う。

三成にも、大義名分はあった。
ただし、豊臣家の為を想い、ご正道を貫くあまり、敵を作りすぎた。
しかもそれにさえ気付かず、進言してくれるものに対しても、自分は
何も悪いことをやっていないのにどうしてこちらが頭を下げなければ
いけないのか、という態度で接してしまうため、人が離れていく。

そして、関ヶ原の合戦である。
数で勝った戦力、そして相手を囲い込む布陣。
三成率いる西軍に、負ける要素はなかった。
ただ、豊臣家への忠義を貫くという、同じ志を持ったものだけでは
なかった。

やはり戦国時代、生き残るかどうかの瀬戸際で勝てる方に与する
ことは必要悪であり、いくら義がそこにあっても、死んでしまったら
元も子もないのである。

家康は、そこを見抜いていた。
まずは三成を快く思っていない武将達との結束を固いものにする。
そして策を練り、手を回し、豊臣方の武将を味方に付けていった。
それはなんと、西軍として参陣した武将にもである。

老獪な前田利家がもし存命だったなら、こうはならなかっただろう。
三成は豊臣家を守りたいという一心で、その気持ちは豊臣恩顧の
武将も同じだから、きっと大勢味方してくれると信じていたと思う。

しかし、武将達は義よりも実を選んだ。
お家の生き残りを賭けて、三成より家康を選んだのである。
敗戦の中で三成はなぜ負けてしまったのか茫然自失だったろう。

かくして関ヶ原の合戦後、二百六十余年続く徳川幕府が開かれ、
三成は奸臣として長くその名を汚されることとなる。

徳川幕府成立後、実は豊臣恩顧の大名はほどんど消えてしまう。
豊臣家を滅ぼしたように無理難題を押し付けたり、お家の不祥事を
大きく取り上げて改易や領地没収、お家取り潰しを実行している。

その徳川幕府が二百六十余年の後、毛利や島津といった西軍の
大名に滅ぼされてしまうのは、歴史の皮肉なのかもしれない。

| | コメント (2)

2006年11月24日 (金)

BOSE in JAPAN

【人気blogランキングへ】
↑ ただいま172位、応援(クリック)よろしくお願いします!

君はアレか、アメリカ生まれのスピーカーか?

最近めっきり見かけなくなりましたね~、坊主頭の男の子。

CMでもお馴染みのマルコメ君みたいな男の子が昔はたくさん
いたのに、子供の見た目のイメージはガラッと変わった。

まあ、よく言えばオシャレ。
悪く言えば、こじゃれたマセガキ。

見た目だけならまだいいんだけど、雰囲気も付け焼き刃の大人
みたいに落ち着いている。

でも中身はやっぱり子供なので、突然キレたりする。
そのギャップには、ただただ驚くばかり。

挨拶などの礼儀や感謝の気持ち、そして我慢することも必要
だということを、親をはじめ周りの大人は教えないといけない。

子供が悪いんじゃなくて、周りの大人が小さい時から悪い事を
したらきちんと叱り、良い事をしたら思いっきりほめてあげる
ようにすれば、素直な子供に育つと思うんですけどね。

知り合いの子供に 『 こんにちは! 』 と元気良く言われたら、
今度遊びに行く時にお菓子でも買っていってあげようかな~
って気持ちになる。

やっぱり、子供の方が一枚上手かも?!

| | コメント (0)

2006年11月22日 (水)

予備軍、出動用意!

【人気blogランキングへ】
↑ ただいま126位、応援(クリック)よろしくお願いします!

君はアレか、メタボリックシンドロームか?

性格的に、追い込まれると結果が出せないタイプである。
だから、落ち着いて余裕を持って物事に取り組むようにしている。

だけど、この性格が他のところでもつい出てしまう。
自分で言うのも何だけど、困ったものである。

同じ商品がいくつも家にないと、なぜか使えない。
食べ物や飲み物、生活用品など消耗品のたぐいは特にそう!

最後の1個を食べたり使ったりすると、ものすごく不安になる。
同じ商品が棚にズラーっと並んでいると、とても心地が良い。

自分で試して気に入っている商品は、一度にまとめて購入する。
初めて買うような商品は、同じような商品をいくつか買ってみて、
気に入ったものを次回からまとめ買いをする。

でも、1個しかない時の方が、大切に使っているような気もする。
これからは、意識してまとめ買いをしないようにしてみようかな?!

とはいえ、まとめ買いの方が安かったりするからな~。

| | コメント (0)

2006年11月20日 (月)

アイ ラブ マギー

【人気blogランキングへ】
↑ ただいま126位、応援(クリック)よろしくお願いします!

君はアレか、ブイヨンか?

何かとギスギスした世の中で、ふとした時に癒しが欲しくなる。
人それぞれに癒されるものは違うかもしれないけど、見ている
だけで何だか楽しくなり、そしてホッとする。

癒されるものの一つが、マギー司郎のマジック。
マジックなんだけどマジックだけじゃない、これぞまさしくプロの
エンターテインメント!

あの朴訥な話し方で、しかもハンカチの縦縞を横縞に変えて
しまうマジック?は、やると分かっていても笑ってしまう。

昔のマジックはほとんど話さずに、そのテクニックを披露して、
観客を沸かせていた。

最近のマジシャンはよく話すようになった。
仕掛けも大掛かりになり、セットまで組んでのマジックもある。

それはそれで成功した時は驚きなんだけど、それが癒しか?
というと、自分にとってはちょっと違う。

記憶の限り、あれだけ話しながらマジックを披露しているのは
マギー司郎が最初だったと思う。

ある意味、マジックとトークを組み合わせた新しい芸だと思う。
でも、それを成り立たせるにはマジックの技術も一流でないと
見ている側も驚きがない。

面白さと驚きの両方を兼ね備えていながらマイペースに自分の
スタイルで行われ、いつのまにか観客をグイッと自分の世界に
引き込んでいくマジック、そしてトーク。

これぞまさしく、エンターテインメント!

今年の忘年会は、縦縞を横縞に変えてしまうマジックを披露
しようかな?!

| | コメント (4)

2006年11月17日 (金)

お奉行さま~!

【人気blogランキングへ】
↑ ただいま119位、応援(クリック)よろしくお願いします!

君はアレか、大岡越前か?

日一日と寒くなってきて、もうすぐそこまで冬が来ている。
さあ、あったか~い食べものが恋しい季節がやってきた~!

寒い季節の代表的な食べものと言えば、鍋料理ですよね~。
みんなで鍋を囲めば、食事も、お酒も、話も進む進む!

鍋の季節になると、どこからともなくあの方がやってくる。
仕切りはおまかせ、鍋奉行!

いろいろな奉行がいるんだよね~。
周りを見ながら仕切れる奉行、マイペースで仕切る奉行…。

友達同士なら好き勝手言えたりするけど、会社の飲み会だと
選べないんだよね~、奉行が…。

食べたいものは自分で選びたいけど、善意でやってもらうと
イヤとも言えないんだよな~。

困った時は、白馬に乗った暴れん坊でも呼んでこようかな?!

| | コメント (6)

2006年11月15日 (水)

アポルパイ

【人気blogランキングへ】
↑ ただいま125位、応援(クリック)よろしくお願いします!

君はアレか、ネイティブスピーカーか?

好きなんですね~、アップルパイが。
甘酸っぱい味がなんとも言えず、よく買って食べる。

子供の頃はパイ生地があまり好きではなく、中のリンゴばかり
食べていた。
甘く煮たリンゴの味と食感を、少しずつ、味わいつつ。

いつのまにかパイ生地も好きになり、好きな食べ物になった。
ただ、やっぱり中のリンゴは、今でも口の中で楽しみながら
食べている。

シナモンは入っていてもおいしいけど、できればリンゴの素材
の味を生かす程度にしていただきたい。

味覚は子供の頃と比べて少しは変わっているんだろうけど、
好きな食べ物自体はあまり変わっていない。

カレーにスパゲッティ、ラーメン、ケーキ、プリンなどなど…。
ま~、子供の好きな食べ物のオンパレード!

まだまだ子供なのかもしれないな~、と思ったりもする。
いまだにアップルパイを食べると生地をボロボロこぼすし…。

| | コメント (4)

2006年11月13日 (月)

欧米か!

【人気blogランキングへ】
↑ ただいま116位、応援(クリック)よろしくお願いします!

君はアレか、タカアンドトシか?

普段の生活といえば、もちろん洋服を着ている。
もし着てなかったら、連れて行かれちゃう!

でも、いつから洋服=衣服になったんだろう。
たかだか150年ぐらい前、日本人はみんな和服だったのに…。

たしかに、日々の生活を考えると、洋服の方が過ごしやすい。
着たり、脱いだり、洗ったり、干したり、片付けたり…。

だからかな~、着物姿っていいな~、と思う。
特に、女性の着物姿にはドキッとさせられる。

長谷川京子がビールのCMに着物で出演している。
決して派手な着物ではないけど、これまで見た長谷川京子の
中で、いちばんいいと思う。

やっぱり、日本人は着物が似合う。
着物は見た目もそうだが、内から出る 『 美 』 が感じ取れる。

いつもという訳には行かないので、節目の時に着物を着てみる
というのはどうでしょう?!

あなたの着物姿にきっと見とれちゃいますよ!、私が。

| | コメント (10)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

いとおかし | 号外! | 名言